週刊文春続編 前田敦子 スクープ記事その後 | トレびあ 〜Onicoの気になるニュース〜

週刊文春続編 前田敦子 スクープ記事その後


泥酔写真でスクープされた前田敦子が9月15日、中野サンプラザで
ライブの冒頭「私の不注意でご迷惑かけてすみません」と頭を下げ、苦笑いで謝罪。
とくに涙を見せたりはなかったと。(観客談)

スクープの続編をまとめてみました。

ほぼ同じころ、前田と共に参加していた大島優子は、ルール違反により
処分が下るのかとささやかれる中「先日は私の不注意でご迷惑を掛けてすみません」と
深々と頭を下げ、涙ぐみ謝罪した。「これからチームKとして心機一転頑張っていきます」
と。不問に付されたそうです。

そして、ほとんどのメディアで事件の事はスルー。
運営サイド側からも「文春」の記事が出るけどよろしくねと圧力があったようです。

気になるのは理由?

タクシーに乗る際、前田が「蹴られた、
酷い、血が出てる、痛い、痛いよぉ」と。

合コンメンバーの男性に質問してみたようですが、
口止めされているようです。

佐藤とであった2年前まで遡ると、その真相が
見えてくるとか。

以前、俳優の山本裕典さんと交際し、
2009年のバースデーパーティーの日
山本宅にお泊りしたことがあったようです。

 

それを知った秋元氏が前田にメンバーの前で、
彼と別れるように電話を掛けさせ
泣きながら別れさせたことが。

山本さん」との失恋の後、行われた総選挙で
大島さんに1位の座を奪われました。

また、アンチ前田から心無い罵声を浴びせられ、
このころのトラウマが11年の総選挙での
「私のことはキライでもAKBの事は嫌いにならないでください」という
号泣挨拶につながっていきました。

その試練の時期、心の支えとなった存在が
「Q10」で恋人役をしていた少し年上の佐藤健さんだったそうです。

10年9月のジャンケン大会の頃、
あるメンバーが、あっちゃんの携帯を覗き見したら
たけるくん宛てのメールにハートマークだらけの
「メールが送られていたのを発見していたようです。

すぐに、メンバー内にも知れ渡ったとか。

その後総選挙では1位になり、人気も急上昇!
ソロデビューも果たしていたあっちゃん。
そんな多忙な毎日の中、メールのやり取りは
心の支えだったんだようです。

 

ともちんこと、板野友美と昔からの遊び仲間で
スクープされたカラオケ店にもよく遊びにきていましたが、
卒業間近に、ささいなことでケンかをして
遊び相手も変わって言ったのだそうです。
酒も良く飲むようになり、当初仲の良かった
篠田麻里子さんは、実は夜遊びが苦手。
「麻里子はババァ」だからとボヤいていたそう・・・。

遊び相手も篠田さん→大島さんに変わっていったようです。

泥酔したあっちゃんが、佐藤さんの腕をつかみ
懇願するように泣いていても応じる姿勢がない佐藤さん。

 

週刊誌はどこまでが事実なのか、
一部をクローズアップして報道したりするので、
鵜呑みにしたりすることはできません。

あっちゃんの今後の活躍で挽回できるかに
かかっているな~と感じました。

でも、何故お尻全開の写真をとらせたのでしょう??
不思議・・・。それだけ泥酔していたのか。
他に撮られたくないことがあったのか。
もしかしたら、佐藤健さんが関係を切りたくて、
仕組んだってことは・・・ないですよね?

だってすごいカメラ目線なのは、佐藤さんだから。
気のせいかな~。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


>

関連記事


次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » トレびあ 〜Onicoの気になるニュース〜

この記事へのコメント

トレびあ 〜Onicoの気になるニュース〜 TOP » AKB48 » 週刊文春続編 前田敦子 スクープ記事その後