松井咲子 ピアノデビュー作 TOP10入りは史上初 黒歴史って何? | トレびあ 〜Onicoの気になるニュース〜

松井咲子 ピアノデビュー作 TOP10入りは史上初 黒歴史って何?


AKB48の松井咲子がピアニスト史上初の快挙達成!
女性ピアニストによるデビュー作のTOP10入りは史上初

松井は、東京音大に通う現役女子大生。
ソロデビュー作となる全編ピアノインストアルバム『呼吸するピアノ』(10/3発売)が
発売初週で1.0万枚を売り上げ、
10/15付オリコン週間アルバムランキングで
初登場10位を獲得。

これってどれくらいすごいことなの?
調べてみました。



70年1月のアルバムランキング発表開始以来、

ピアニストによるデビューアルバムの初登場TOP10入りは
史上初の快挙!

連弾兄弟デュオ、レ・フレールが『ピアノ・ブレイカー』
(2006年11月発売)が打ち立てた
歴代初登場最高位の18位を5年11ヵ月ぶりに上回ったそうです。

 

初登場週以外の達成を含めても、
デビュー作のTOP10入りは
2009年にヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールにおいて
日本人初優勝を果たし話題騒然となった、辻井伸行の『debut』
(07年10月発売 初TOP10入り:09年6月 最高位2位)があるのみで
史上2人目なのだそう。

ちなみに、辻井さんは高校の先輩だそうです。

■女性ピアニストとしては史上初!

フジ子・ヘミング『奇蹟のカンパネラ』(99年8月発売)の
歴代最高位記録の21位(99年11/29付)を12年11ヵ月ぶりに更新。

『呼吸するピアノ』は、AKB48メンバーの
板野友美、前田敦子、岩佐美咲、渡辺麻友、指原莉乃に続き
6人目のソロデビューを果たした松井咲子のピアニストデビュー作。

総合プロデューサーは秋元 康氏。
音楽プロデュースを務めた作曲家・服部隆之氏によるオリジナル楽曲3曲のほか、

■AKB48のピアノインストバージョン7曲を収録。

『ヘビーローテーション』
『フライングゲット』
『Everyday、カチューシャ』
『会いたかった』
『ポニーテールとシュシュ』
『Beginner』
『桜の木になろう』

オリジナル楽曲の『心の譜面』はAKB48のメンバー
松井咲子のほかに、
大島優子さん、小嶋陽菜さん、峯岸みなみさんが出演する
日清カップ ヌードル『REAL』の
CMソングにも起用されています。

この快挙は、AKB48の並々ならぬバックアップの力が
あってこそな気ももしますね。

松井咲子(まつい さきこ)

生年月日1990年12月10日 20歳
身長 167.5cm
埼玉県出身
AKB48 7期
旧所属チーム チーム研究生

ちなみに黒歴史とは・・・?

過去の彼氏との2ショットのプリクラがネットに
流れたことです。
ですが、その彼氏と交際していたのはAKB加入前なので
処分などは特に何も無かったそうです。

過去のプロフから彼氏の存在が
発覚してしまったみたいです。
(実際はもっと以前に発見されていたのですが、
大きな騒動には至らず・・・)

公開されていたHN、誕生日、血液型、高校などの
プロフィールがすべて同一で、
本人と思われるツーショットプリクラなども
流出していました。

こちら?

交際していたと確認できるのは2007年頃で、
松井がAKBに加入したのは2008年。

AKB48サイドが「加入以前の恋愛に関しては不問とする」と
いう結論を出したので処分は、なかったみたいですね。

プロフってわりと無防備にされている方も多いですが、
プライバシーが丸見えと言うことを
もう少し認識したほうがいいような気がしました。

今、とっても好調な咲子さん。
ピアノとAKBの活動で黒歴史を塗り替える
すてきな色の歴史を作っていって欲しいと思います!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


>

関連記事


次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » トレびあ 〜Onicoの気になるニュース〜

この記事へのコメント

トレびあ 〜Onicoの気になるニュース〜 TOP » AKB48 » 松井咲子 ピアノデビュー作 TOP10入りは史上初 黒歴史って何?