関西弁のラブソング「あんた」を歌うティーナ・カリーナって? | トレびあ 〜Onicoの気になるニュース〜

関西弁のラブソング「あんた」を歌うティーナ・カリーナって?


ティーナカリーナ 画像

関西弁のラブソングとして注目を集めている
『あんた』を歌うティーナ・カリーナ。
10月18日(木)にニコニコ生放送にて
スタジオライブの生中継を実施するそうです。

ティーナ・カリーナって?
調べてみました。



2012年9月12日にリリースした

デビューミニアルバム「ティーナ・カリーナ」の収録曲「あんた」が

急遽シングルカットされることを記念して

インターネットライブが行われました。

一瞬、洋楽?と勘違いする人いそうですが、

『あんた』という曲は、現代版『悲しい色やね』みたいだとか。

デビュー前に、問い合わせが相次いでいたそうです。

◆ティーナ・カリーナって?

本名は田中里奈

年齢 26歳

大阪府池田市 出身

中学・高校と6年間にわたって吹奏楽部で活動していました。

父親は関西二期会に所属するオペラ歌手で

母親はピアノとエレクトーンの講師で中学校の音楽教師だったそうです。

音楽一家だったようですね!

 

元・阪急百貨店サービス優秀販売員(金バッチ受賞)に選ばれたことも。

生まれ故郷の大阪で地道に、活動を積み重ねてきた

女性シンガーソングライターです。

 

 

◆きっかけは?

歌はカラオケで歌うぐらいだったそうですが

中学3年の頃、彼女の歌好きを見抜いた母から

「歌とか習わんでいいの?」と勧められことがきっかけだったようです。

さすが、お母さんはよくみていたのですね。

そこから、音楽の幅が広がり、友人とオリジナル曲を作るように

なったとのことです。

 

◆メジャーデビューをめざして

生まれ故郷の大阪で週1ペースでライブ活動を続け、

2011年3月 東日本大震災の直前、

ラストチャンスという強い想いを込めて

DEMO音源を50社のオーディションへ応募しました。

2011年5月中旬、仙台が拠点の

エドワード・エンターテインメント・グループから連絡が入りました。

◆エドワード・エンターテインメント・グループとは?

MONKEY MAJIKやGReeeeNらを輩出している音楽事務所。

デモ音源を聞いた事務所のプロデューサーが

彼女のまっすぐな歌声に惚れ込んだそうです。

 

◆レコード会社~デビューが決まるまで

「大阪でバイトを続けながら、千本ノックのような曲作り。」
とコメントしていました。

 

そして今年3月。ついにレコード会社が決定!

仙台に拠点を移して1stミニアルバム『ティーナ・カリーナ』が完成しました。

 

◆メジャーデビューへ

2012年9月12日発売  デビューミニアルバム『ティーナ・カリーナ』 1,500円(tax in)

収録曲(全7曲収録)
M-1「輝いて」(POLA企業CMテーマソング)
M-2「帰り道」
M-3「あんた」
(tvk「sakusaku」9月度エンディングテーマ、MBS他「DRESS」9月エンディング)
M-4「みつけて」
M-5「始まりの朝に」
M-6「Power of Love」
M-7「むすんで ひらいて」

CM曲『輝いて』・・・彼女自身の“始まり”ともリンクしている。

『帰り道』、『あんた』・・・
大阪時代から慣れ親しんできた切ないラブソング。

関西弁の歌声が心に響きますね!

『むすんで ひらいて』・・・東日本大震災に衝撃を受け、

心救われる歌をと書いた曲。

ティーナ・カリーナって田中里奈を変形したのですかね?

PV視聴しましたが、声もメロディもいいですね。

結構好きです!

コンビニやお店で流れていて気になったと言う方も

結構いたので、ブレイクするのも時間の問題ですね!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


>

関連記事


次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » トレびあ 〜Onicoの気になるニュース〜

この記事のコメント

[...] 関西弁のラブソング「あんた」を歌うティーナ・カリーナって? [...]

この記事へのコメント

トレびあ 〜Onicoの気になるニュース〜 TOP » 音楽系 » 関西弁のラブソング「あんた」を歌うティーナ・カリーナって?