三谷幸喜が元妻似一般女性と再婚!愛犬とびやありふれた生活って? | トレびあ 〜Onicoの気になるニュース〜

三谷幸喜が元妻似一般女性と再婚!愛犬とびやありふれた生活って?


三谷幸喜 画像脚本家で映画監督の三谷幸喜氏(52)が、
大安の7月31日に
19歳年下の一般女性(33)と
再婚したそうです。

お相手の女性や愛犬とびは?
調べてみました。



三谷監督の結婚や離婚って?

1995年 女優小林聡美さんと結婚

2011年5月23日 離婚しています。

2013年7月
一部週刊誌で三谷氏は、家族ぐるみの交際を認め
真剣交際を報じられていました。

2013年7月31日 交際女性と結婚

スクープされてから、早かったですね!

 

離婚した元妻は?
脚本家 三谷幸喜 離婚した小林聡美に未練  離婚の原因は何だったの?

 

2人の交際は、2012年から

お相手の女性は、「今年で33歳になる丸顔の一般女性」
前妻の小林聡美さん似との声もありました。

小林聡美 画像

挙式は「涼しくなった頃に、ささやかにやりたい」
コメントしていました。

 

結婚のきっかけは?

2012年2月 愛犬の「とび」が亡くなったとき、
励ましてくれたそうです。

その頃から、彼女との結婚を意識するようになった
とのことでした。

 

愛犬・とびって?

三谷監督は、猫3匹とラブラドール犬のとびを
飼っていたそうです。

もともと、猫アレルギーがあった三谷氏。
小林さんとの結婚を機に、猫アレルギーを
克服して行ったそうです。

なかなかなつかなかった猫も努力の甲斐あって
なつくようになっていったのだとか。

 

朝日新聞夕刊に連載の「三谷幸喜のありふれた生活」にも
よく登場していました。

三谷幸喜 とび 画像

小林さんと離婚してからも、とびを通じて交流が
あったようですね。

2013年1月24日付けの記事くらいから
突然、大量の下痢やへたり込みなど体調がすぐれなくなり
検査をしても原因がわからなかったようですが、
食欲もなくなり、再度検査をすると黄疸が出ていて
「肝硬変」との診断を受けたそうです。

そのほかに、数カ所リンパ腫が発見され、
余命は、あと1ヶ月月、下手したら1週間と診断されたそうです。
三谷氏は、獣医師ととびの最適な治療法を相談しながら
内科的治療を選択したそうです。

昼間は「とび」を病院に預けて
夜は自宅で介護の日々を送ったそうです。
「とび」の体をさすりながら固くなった肝臓が治るよう
祈り続けたそうです。

三谷幸喜 とび 画像

一時期回復したように見えましたが、
今度は貧血になってしまい点滴も出来なくなり
三谷氏が2時間おきにトイレに連れて行ったそうです。

「とび」がさみしくないよう、できる限りそばにい続けた三谷氏。
子どものように思っていた「とび」が実は、親のように
三谷氏を心配していたそうです。
2013年2月「とび」は亡くなったそうです。
三谷氏は、何故もっと早く
気づいてやれなかったのか。
自問自答の日々が続いたといいます。

今回のお相手の女性がそばにいてくれたことは、
どれほど心の支えとなったのでしょう?

 

すでに、2匹の子犬を連れていたとの声もありました!
結婚した女性が、その犬を飼うことを勧めてくれたようです。

新たな生活がスタートしているのですね。
「とび」を通じて愛を育んだお2人。
今度こそ、末永く幸せになっていただきたいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサーリンク


>

関連記事


次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » トレびあ 〜Onicoの気になるニュース〜

この記事のコメント

[...] 関連記事:三谷幸喜が元妻似一般女性と再婚!愛犬とびやありふれた生活って? [...]

この記事へのコメント

トレびあ 〜Onicoの気になるニュース〜 TOP » 気になる記事, 熱愛・結婚 » 三谷幸喜が元妻似一般女性と再婚!愛犬とびやありふれた生活って?